バドピンポンおじさんブログ

バドピンポンおじさんブログ

バドピンポン大好きおじさん(無職)がカネのかからない人生の楽しみ方を発信するブログ

バドピンポンおじさんブログ

まだ雪国で消耗してるの?田舎移住で雪国はやめておくべき3大理由

f:id:tksfsk:20170824221147j:plain

どうも、たかしです!

お盆も過ぎ、そろそろ涼しくなる季節ですね。

今年もまた「アレ」がやってくるんだなあ、と思うと

忌々しくてしょうがない!

 

そう、

がまたやってくる。

 

僕が住む秋田県内陸部は馬鹿みたいに雪が振る豪雪地帯

あまりにも雪が多すぎて「かまくら」という文化を作り出してしまうほど。

 

参考までに自宅前の夏冬比較写真を御覧ください。

f:id:tksfsk:20170824151028j:plain

f:id:tksfsk:20170824151107j:plain

 

いやもうさ、人が住む場所じゃないっすよコレ・・・。

 

田舎暮らしはいいけれど、どうせ住むなら暖かいところがイイと思います。

雪国はカネがかかりすぎる!つらすぎる!むごすぎる!

 

今回は豪雪地帯に住むべきではない3つの理由を原住民視点でまとめてみました。

 

理由1 光熱費がしんどい

Heater

基本寒いので南の国よりも暖房費がかかります。

ストーブ使って灯油代ドーン。エアコン使って電気代ドーン。

総務省の統計(※1)によると、1世帯あたりの冬の光熱費支出は、東北が約12万円関東は約9万円となっています。3万円も差が・・・!

 

あと東北って夏涼しいと思われがちですけど、ちゃんと蒸し暑いですよ。

ガンガンエアコンきかせないと熱中症になっちゃいます。夏もしっかり光熱費を消費させる東北つよい。

 

※1 総務省統計局家計ミニトピックス 光熱費及び暖房器具への支出(PDF:42KB)

 

理由2 除雪がしんどい

Stay back 50ft, snow removal with snow grators, 6 wheeled tractors plowing snow from city streets, cloudy day, mid-winter, Anchorage, Alaska, USA

豪雪地帯は雪かきが超大変です。

シンシンと積もる雪は湿っていて重く、シャベルでの作業は腰・膝・腕に多大な負担をかけます。

「なぜ無給でこんな重労働を毎年しなくちゃいけないんだ!」と移住してきた先祖を恨みながら雪寄せをする日々。

朝起きて除雪して、仕事いって、職場の除雪して、仕事して、家帰って除雪して・・・人生の何%を除雪に費やしているんだ僕らは・・・。

 

屋根の雪下ろしがしんどい

屋根に雪が積もると引き戸が動かなくなります。

春になると雪の中から押しつぶされた空き家が現れることも。

若い衆が雪下ろししてくれれば大丈夫なんですが、急速に高齢化が進んでいる田舎。

爺さん婆さんは屋根に登って雪下ろしするパワーはありません。

それでもやらなきゃ家が潰れる!ってんで屋根に登るんだけど、誤って転落しちゃう事故が毎年起きちゃってます。

 

除雪費・融雪費がしんどい

それならカネを払ってやってもらうしかない。

屋根の雪下ろし代行の相場は作業員1人あたり10000~15000円

安全のため2人以上で作業することが多く、1回の雪下ろしで2,3万吹っ飛びます

豪雪の年は2~3回は屋根の雪下ろしをしなくちゃいけなかったりします。

 

アパートの賃貸契約でも、雪国の場合、除雪費が別途とられます。

冬期間2500円/月とか、1シーズン6000円とか。

 

あと、僕の町内会では毎年融雪費がとられますね。

道路に消雪パイプが通っていてそこから水が出て雪を溶かすんですよ。

昨年そのパイプが経年劣化したので修理費を町内で分担して払うことになりました。1世帯10万円の負担です。えぐい。

 

理由3 移動がしんどい

Fight through second corner

雪が積もると、自転車が使えない!(たまに走ってる猛者もいる)

徒歩の場合は、雪に足がとられて通常歩行の1.5倍時間がかかります。

また、滑って転倒する、もしくは変な着地して腰を痛める可能性も高い。

も大変です。

スタッドレスタイヤと4WDは標準装備。

それでも除雪車が通っていない道路を走ったら腹がつっかえてスタックしてしまいます。雪国のヤン車はシャコタンなんかできません。(やってるけど冬になると戻す)

そして運転前は凍りついた窓の霜取りのため無駄にガソリンを消費。

道路には消雪剤(塩)が撒かれるため、下回りからどんどん錆びていきます。その対策として下回りのサビ止め塗装とこまめな下回り洗浄をします。

 

まとめ

ここまで大きく3点の「雪国に住むべきではない理由」を挙げてきました。

自分で書いてて「なんでこんなところに住んでるんだろ?」と思いました。笑

 

でもメリットもあるじゃん?とおっしゃる方もいると思います。

確かに雪国に住むメリットもあります。

  • 農作物に良い影響を与える
  • 日本酒が美味い
  • ウィンタースポーツができる

すみません、これくらいしか思いつきませんでした・・・(T_T)

農家でお酒好きでスノボが趣味なら、雪国はまさにパラダイスだと言えましょう。

でも僕はさほどそこに価値を感じませんし、

デメリットが大きすぎて、メリットが霞んでしまうんです。

 

雪に煩わされて人生の一部を奪われるってアホらしいと思いませんか。

その時間を使って、もっと有意義な活動をしたいじゃないですか。

田舎に移住したい!と考えている人は、まずあったかいところに行きましょう。

それだけで生活コストがぐっと下がりますし、時間と体力を浪費することもないのですから。