貧楽生活

貧しくも楽しい生活を実践していくぜ

つくしとふきのとう食べてみた

春だ!寒くない!あったかい!心ウキウキ!

というわけで、勢いでそのへんに生えてる春の野草を食べてみた。

 

つくしを食べる

道端に生えてるつくし

どこにでも生えまくってるバイタリティ溢れるつくし。これ食えるらしいんですよ。

 

つくしを料理する

ごま油と醤油で炒めて食べてみよう。

つくしのはかまをとる
はかまをとって水洗いしたつくし
つくしをごま油で炒める
つくしに醤油で味付け
できあがりは少しグロテスク
つくしめっちゃ美味いやん!

つくし、想像以上に美味い!食感はほうれん草の茎と同じくらいのシャキシャキ具合で丁度いいし、風味も香ばしい。←ごま油のせい?

野草にありがちなエグみやクセが全然ない。つくしってアク抜きいらないんだね。

 

ふきのとうを食べる

そのへんに生えてるふきのとう

日陰によく生えてるふきのとう。鼻を近づけるとツンとしたニオイがします。

 

ふきのとうを料理する

重曹でアク抜きして茹でて食べてみよう。

塩水につけてアク抜きしたふきのとう
沸騰したお湯に重曹を入れる
お湯にふきのとうを投入、強烈な臭いが立ち込める
お湯の色が緑色に。くさい
ふきのとうの原型がなくなる
えげつねえエグみが襲いかかる

えぐい、えぐすぎる。単品で食うもんじゃねえなふきのとう。これが春の味覚なのね。苦手な味だ。茹でると台所もふきのとう臭くなるし、もう二度と食うことはないでしょう。

 

サバ味噌と合わせて食べる

さば味噌煮にふきのとうをまぶして白米のお供に

日本には「ふき味噌」「ばっけ味噌」という、ふきのとうを美味しく食べるための伝統的ライフハックがあります。それに習ってふきのとうをサバ味噌にのせて白飯をかきこんでみました。

うーーーん、アクセントとしてはありっちゃありかなのかなあ。味噌:ふきのとう=9:1の比率ならなんとか食える。でも僕はサバ味噌と白飯だけのほうが好き。

 

まとめ

  • つくしウマイ
  • ふきのとうマズイ