バドピンポンおじさんブログ

バドピンポンおじさんブログ

バドピンポン大好きおじさん(無職)がカネのかからない人生の楽しみ方を発信するブログ

バドピンポンおじさんブログ

掃除ができないズボラ無職は『吊るし収納』を始めよう

こんにちは。汚部屋系ズボラ無職です。

なんで自分はこんなにも掃除できないのか?って考えてみたんですけど、

僕は超面倒くさがり掃除をしない床がホコリだらけ「掃除機かけなきゃな~」床に物が散乱しているから掃除機かけれない散乱物を片付けるの面倒くさい掃除をあきらめる以下ループしてるからなんですね。

これを分析して分かることは、床の上の散乱物が掃除を妨害している、ということ。つまり、床の上に何もない状態を維持できれば掃除機をバンバンかけれるはずなんです。

だから全国の汚部屋ズボラーに言いたい。

吊れ!と。

全ての物を空中に吊りあげてしまえば、床に物を置くことがなくなります。常に床の上をまっさらな状態に維持できるというわけです。

今回は、貧乏ズボラ無職でも実践できた『吊るし収納』に役立つアイテムを、使用例とともにご紹介します。

 

100均で吊るし道具をそろえよう

こいついつも100均でモノ揃えてんな、と言われるほどに100均ジャンキーな僕。

そりゃあホームセンターなんかで買い物してたらお金がいくらあっても足りませんからね。無職は黙って100均へGO。

 

つっぱり棒

f:id:tksfsk:20171203235713j:plain

まずは吊るす箇所を用意。カーテンレールなどに引っ掛けるのもGOODですが、キッチン等の狭い空間を有効利用するためにつっぱり棒を購入。

f:id:tksfsk:20171203235721j:plain

DAISOなら200円で長さ60~120cm耐荷重5kgのつっぱり棒が買えます。コスパ良。

 

S字フック

吊るしの基本グッズ『S字フック』。大小様々なS字フックがあります 。

f:id:tksfsk:20171203234824j:plain

特にキッチンは道具が多い割に収納スペースがありません。S字フックで調理器具をどんどん吊るしてしまいましょう。

f:id:tksfsk:20171203224450j:plain

かばん、ゴミ袋、ティッシュ・・・普段よく使うものでも安易に床や机に置かず、S字フックに引っ掛けましょう。ワークスペースを確保できます。

 

クリップ

f:id:tksfsk:20171203234637j:plain

意外と強力なクリップのはさみ性能。鍋をも余裕で掴みます。

クリップにあいてる小さい丸穴にビニール紐を通せば何でも吊ってくれます。

 

洗濯バサミ

軽いものをつかむのに丁度いいのが洗濯バサミ。紙や布をはさむのに適しています。安く大量に手に入るので、そこらへんに吊り下げておけば何かと便利。

f:id:tksfsk:20171203230237j:plain

ズボラな僕は書類をその辺に置きっぱなしにしてよく紛失します。大事な書類は見えるところに吊るしておくことで紛失防止になります。

f:id:tksfsk:20171203224026j:plain

カーテンレールとカーテンを洗濯バサミでつないであげればこの通り、カーテンの開閉もできます。

 

ズボン用ハンガー

f:id:tksfsk:20171203235239j:plain

実はズボンを挟む以外にもいろいろ使える便利アイテム、ズボン用ハンガー。これは服屋が閉店セールやってる時にタダで大量にもらった奴です。

料理のレシピ・まな板・手拭きタオルを吊るしておくのに重宝しています。

 

まとめ:床上ゼロで常に部屋キレイ

参考になりましたでしょうか。たかし流の収納術は吊って吊って吊りまくること。これからは僕のことを吊りキチ三平と呼んでください。

ズボラーが部屋をキレイに保つには「床に物を置かない」これが一番効果的な方法です。収納棚なんか買ってきても床面積が減るし、スミにホコリが溜まりやすくなるだけです。

『吊るし収納』は100均でアイテムを揃えればおカネもさほどかかりません。貧乏ズボラーはマネしてみる価値あると思います。

f:id:tksfsk:20171203222725j:plain

f:id:tksfsk:20171203222907j:plain

服がフックに引っかかるのは気をつけて!