バドピンポンおじさんブログ

バドピンポンおじさんブログ

バドピンポン大好きおじさん(無職)がカネのかからない人生の楽しみ方を発信するブログ

バドピンポンおじさんブログ

オッサンも若者もハマる!FutureFunkおすすめ曲を紹介~昭和ポップス編~

f:id:tksfsk:20171103203632j:plain

以前、登美丘高校ダンス部のバブリーダンスが話題になりましたね。

バブル直撃なオッサンには当然受けましたし、バブルを知らない若者にも逆にカッコイイと幅広い世代から評判を集めました。

ところであんな感じの曲が好きな人にオススメなFutureFunkという音楽ジャンルがありましてね。

聴いてみると八神純子・角松敏生・中原めいこなどの日本の80年代シティポップ・ファンクを4つ打ちダンスアレンジしたような曲がたくさん。どこか懐かしいレトロフューチャー感と思わず踊りたくなるディスコグルーヴ感にハマる人はハマる!と思う!

しかし!既存の曲をほぼ丸々使っちゃってるし、中には作ったアレンジ曲をDL販売しちゃってる人もいるし、その界隈はとてつもないアングラ臭を放っています。あんまメジャーには広まらなそうな雰囲気。

今回はそんな昭和サウンドをダンスアレンジしたJ-FutureFunkたちを原曲とともにこっそり紹介していきます。

 

昭和を未来に!J-FutureFunk個人的おすすめ曲

音量注意!Soundcloudは初期音量がアホみたいにでかいです。

YUNG BAE - Bae City Rollaz

原曲:八神純子 - 黄昏のBay City (1983)

FutureFunkといえばまずはこれ!昭和歌謡曲とダフトパンクをミックスしたような一曲。YUNG BAEはアメリカの音楽プロデューサー。アニソンから日本の音楽に興味をもったそうな。彼はこの他にも日本の80~90sの曲をサンプリングして多くのアレンジ曲を作っています。

 

Tsundere Alley - the fresh new groove

原曲:Wink - 淋しい熱帯魚 (1989)

昭和の和製ユーロビートといえばこの曲!テンポアップして強めのキックを加えるとあら不思議、今風のダンサブルナンバーに早変わり!登美丘高校ダンス部にこの楽曲でバブリーダンス踊ってほしいなあ。

 

マクロスMACROSS 82-99 - Idol Talk Pt. II

原曲:SHAMBARA - SOLID DANCE (1989)

ザ・ノスタルジア!カシオペアの演奏は今でも色褪せないカッコよさ。それにメキシコのプロデューサーMACROSS82-99のリミックスが加わりさいきょうのふじんなのだ。

 

ミカヅキBIGWAVE - Lonely Girl 東京

原曲:久保田利伸 - 北風と太陽 (1987)

久保田利伸の隠れた名曲をノリノリに!そしてミカヅキBIGWAVEは日本人女性アーティストらしいよ!彼女の作るアレンジはポップでとても聴きやすいです。選曲もGOOD!彼女が新曲をアップする毎に昭和の名曲に出会えます。

 

ミカヅキBIGWAVE - Pure Heart 幻シンデレラ

原曲:坪倉唯子 - 一瞬夜伽伴侶(つかのまよとぎびと) (1983)

「おどるポンポコリン」でお馴染みB.B.クイーンズのボーカル坪倉唯子のクソかっこいいナンバーをリミックス。あとタイトルも超かっこE。2017年コムデギャルソンファッションショーのBGM(Youtubeリンク)にも採用されていておったまげ~!

 

ミカヅキBIGWAVE - Emotional Prism 感情的なプリズム 

原曲:中原めいこ - Fantasy (1982) 国分友里恵 - I Wanna Be With You (1987)

曲の前半と後半に別の曲を放り込んで自然にミックスしてるテクニカルなチューン。やっぱりミカヅキBIGWAVE最高ですね。

 

悲しい Android - Apartment - Miles Away From You

原曲:八神純子 - 夜空のイヤリング (1983)

またまた八神純子の隠れた名曲が!プロフィールをみると悲しいandroidさんはロンドンの人らしいのですがこんなアルバムのB面にしか収録されてない曲をどこから見つけてくるんだろう。

 

Android52 - 日本のタイトルWhatever

原曲:竹内まりや - OH NO, OH YES! (1987)

原曲はとてもゆっくりなバラードなんですが、BPMを上げまくってしっとりとしたダンスナンバーに作り変えちゃってます。これは是非原曲を聴いてその変貌っぷりに驚いてほしい。

 

Nekura - 東京Barbarian

原曲:ラ・ムー - TOKYO野蛮人 (1988)

80年代の人気アイドル菊池桃子のナンバー。アレンジは控えめです。初めて聴いたとき昭和末期にこんなカッコイイ曲があったのかと驚きました。これ聴いてるとエアロビクスを踊りたくなるのは僕だけでしょうか。

 

ナニダトnanidato - Flower Umbrella

原曲:飯島真理 - セシールの雨傘 (1985)

マクロス声優で有名な飯島真理の隠れた名曲をダンスアレンジ。「セシールの雨傘」ってカタログ通販で買った雨傘みたいですね。(ゆとり並の感想)

 

 Τ Λ Я Λ - Spring

原曲:和田加奈子 - 誕生日はマイナス1 (1987)

「誕生日はマイナス1」の意味は1歳年下の彼氏がいるってことです。歌詞の「みんな思ってるわ 可愛い弟と 『いいえ彼氏なの』 とても言えなかった」当時は珍しかったのか彼氏が年下なことを異常に気にしてますね。今の感性と全然違う!

 

Night Tempo - Destiny

原曲:中山美穂 - Destiny (1989)

韓国のプロデューサーNight Tempoによるリミックス。これまた原曲からだいぶ離れた感じの曲に仕上がってます。上で挙げたMACROSS82-99やNanidatoらとSAILOR TEAMという音楽グループをやってます。

 

Night Tempo - Dance?

原曲:杏里 - Dancin' Blue (1983)

メロからサビまでこれぞ角松敏生サウンド!な1曲をリミックス。セーラームーン音ネタを散りばめラップまで入ってる遊び心溢れるアレンジ。何故かFutureFunk界隈はセーラームーンなど懐かしアニメのネタが多いのです。

 

おわりに

海外アーティストが日本の昭和シティポップ・ファンクに注目してくれるのはなんだか嬉しいですね。

バブルのバの字も知らない20~30代のみなさん(俺もだけど)是非FutureFunk聴いてみてくださいネ。昭和の名曲が君たちを待っているゾ!

 

↓ユーロビートの曲紹介もやってます。

あわせて読みたい 頭文字D系ユーロビートおすすめ曲紹介